EAの功罪-1 理想のIT開発論とその現実

すこし昔の話をしよう。

昨今、DX(デジタル・トランスフォーメーション)という言葉が賑わっているが、実は過去にも似たようなデジタル化の潮流があった。いま思い出すのも恐ろしい、そして、もう二度と関わり合いたくないEA(Enterprise Architecture)である。

EAとはなにか

EAとは「業務とITの最適化」を目指し、企業内のすべての業務とITについて、数年後の「理想姿」をあらかじめ計画したうえでIT化を進めていくべきだ、という考え方である。代表的な適用事例としては米国財務省や国防総省、そして日本の電子政府構築などがある。ある程度の大企業では一度は取り組んだ方法論だろう。

業務のムリ・ムダ・ムラを廃絶し理想的な全社業務フローを描いたうえで、その業務フローに必要十分なITを用意していく。その言葉だけだといい方法論に感じる方もいると思う。むしろ「それが普通なんじゃない?」という感覚だろう。誰でも無駄なものは持ちたくない。加えて言えばIT開発は決して安くない。意外と知られていないのだが、大企業にもなると数十億円・数百億円規模のIT開発プロジェクトも珍しくなかったりする。

そして実際、数年前にEAが流行り(というかコンサルが流行らせ)、「業務のデジタル化を成し遂げ、さらに超絶クソ高いIT開発を必要最小限にできる米国発の方法論」だとの甘言にそそのかされ、トップダウンで導入が推進されていた。

その結果、日本企業でEAが上手くいった事例を僕はほとんど知らない。儲かったのは上手く逃げ切ったコンサルとパッケージベンダだけである。

IT開発の理想と現実

なぜうまくいかないのか。僕の経験で話そう。

まず、IT利用企業は業務とITの理想像を作ることができない。なぜかというと、理想像を描くためには全部署からキーマンを招集する必要があるが、この時点ですでに無理ゲーだ。キーマンは当然のことながら多忙で招集するのは難しいし、仮に招集できたとしてもEA活動に稼働を割くことはできない。すると、なんでこいつ?という方々が集まる。

とはいえ会社からの至上命令なのでそのメンツで計画を練り始めるわけだが、そこはまるで動物園の様相を呈することになる。ゴリラが「こういうフローになったらウチが困る」といえば、ライオンが「そもそもお前の部署の業務品質がゴミだ」といい、キリンが「あのシステムのこの画面が使いづらいんだよねー」という。

そんな楽しいショーが半年ほど続いたあと、コンサルが綺麗なキングファイルを作り上げて経営層に提出する。紋切り型の市場動向・ポジショニング・経営課題を枕詞にして「EA活動により素晴らしい計画ができました。これに従えば○○億円儲かります。」と言葉を添えて。もちろんそのキングファイルには、半年におよぶ議論の内容はほとんど盛り込まれない。実施に向けての継続検討課題一覧が小さい文字で羅列されるだけだ。

動き出した船は止まらない

では、このEA計画は実行されるのだろうか。

実行されないと思うのではないだろうか。

だが困ったことに実行されてしまう。

経営層から見れば、社内の人間は信用できないが社外の人間は信用できる。お高いコンサルができると言っているし、儲かるとも言っている。そしてキレイな資料で自分の悩み事(デジタル化が進まない、IT開発が法外に高い)が見事に表現されている。そこに拒否する理由は一切ない。ん?IT部門が出来ないと言っている?それはオマエラの予算が減るのが怖いだけだろう?

業務部門の部長たちから見れば、プロジェクトに人を出した以上、失敗するとは言えない。仮に失敗したとしてもシステム部門の責任に転嫁できる。EAは素晴らしい成果です。ぜひとも一丸となって推進しましょう!多少の課題はありますが皆で力を合わせて乗り越えていきましょう!私達にはそれができるはずです!

そして悲劇が始まる。

長くなるので一旦切ろう。僕はEAに懐疑的なスタンスだが実は良い部分もある。そしてそれはEA以外のプロジェクトにも使える話になる。DXが喧伝され、今後多数の方がDXに関わっていくだろう。似たような話であるEAについて、その功罪までお話しできればと思う。

つづく。

hiizumix.net

防振りはプロレス

42歳のオッサンに刺さったアニメを紹介しようと思う。

サラリーマンをやっているとジワジワとストレスが貯まってくる。会社からの「やるべきこと」と自分の「やりたいこと」や「できること」のギャップだったり、ギスギスした上下関係だったり、世知辛い損得勘定だったり。

そんなストレスフルなときは、適当にお酒でも嗜みながら、何も考えず「スゲー」と思える作品が合っている。今回はそんな作品のひとつ「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」を共有しよう。

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。


TVアニメ『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』第2弾PV

通称「防振り」。内容は題名どおり。VRゲームでステータスを防御に極振りして遊ぶだけの話。防御?攻撃でも魔力でもなく?それでゲームになるの?と思いつつも、その鉄壁を生かし、極悪プレイで他のプレイヤーを圧倒していく。

この作品の魅力は、メイプルが可愛いところ。じゃなくて、頭を空っぽにして「スゲー笑」とか「マジか笑」とか「そうなるのか笑」などとつぶやきながら見ていられることだ。まあプロレス観戦とか、ハリウッドのアクション映画みたいな感じ。

人生への示唆などなにもない。心の琴線に触れるような話もない。ただ圧倒的な暴力。でもかわいい。天使に感動し、悪魔に恐怖しつつも、メイプルが心の底からVRゲームを楽しんでいる姿にほんわかする。特にラストシーンは印象深い。あの醜悪なモンスターが群をなして周囲を破壊し尽くしていく極限状態の中、メイプルはきっとキャッキャと無邪気に笑っているのだろう。

ストレスフルな私達には何も考えない作品も必要だ。

視聴方法は?

NetflixなりHuluなりdアニメなりのVODサービスで見られるだろう。最新の配信状況は各VODサイトにて確認要。

僕自身、VODサービスはU-NEXTのみ契約している。U-NEXTは、エロも見られる、もとい、日本の大手VODサービスということもあり、国内ドラマや国内映画なども充実している。特に好きなアーティストのライブ映像なども視聴できる点は良い。他にVODサービスを契約していなければ初月無料なので試してみてもいいだろう。
≫ U-NEXT(31日間無料)

おわり。

世界を変えたのは疫病だった

今年度のはじめからずっとテレワークを続けている。

僕の職業はパワポエンジニアなのでテレワークでも全然仕事はまわっている。VPN + RDP環境のため、パワポのレスポンスが悪くてイライラする事もあるが、まあ、半年以上続けていたら慣れてしまった。

 

テレワークというと、しばしば生産性うんぬんといったことが話題になる。上がるという論陣をはる人もいれば、下がるという論陣をはる人もいる。僕自身で言えば、むしろ効率化したことのほうが多い。

  • 技術系イベントがオンラインになったので、半日つかわなくてもよくなった
  • 社内の打ち合わせで会議室を用意しなくても良くなった(万年、枯渇していた)
  • 相性の悪い上司と顔を合わせることがなくなり、ストレスが激減した

また、もしかしたら仕事の生産性以上に普段のライフスタイルに影響があったのかもしれない。もともと会社の近くに住んでいるので、通勤時間とか満員電車とかは関係ないのだが、日常生活のルーティーンは大きく変わった。

  • 誰とも会わないので、毎日のひげ剃りをしなくてもよくなった
  • ワイシャツを着ないので、毎日の洗濯物が減った
  • 昼休みの手持ち無沙汰を解消するため、Fit Boxingをするようになった
  • 会社帰り、居酒屋で同僚とくだを巻くことがなくなった
  • 外に出るのが億劫なので、食事は通販&Uberに頼るようになった

こうして書いてみると、なんだか囚人のような生活だな(笑)

是々非々はあるにしろ、トータルでは満足した生活になったのだと思う。HSP気味なので、基本的に長時間、他人と対面で過ごすことが苦手だったというのもある。

 

コロナは悲惨な疫病ではあるが、社会課題を解決した一面もあるだろう。

たとえば長時間通勤だったり、満員電車だったり、東京一極集中だったり、遠隔医療だったり、都市の排ガスだったり、たりたり。まるで夢みていた10年後の未来が来たかのようだ。一年前の自分に「来年、こんな社会課題は解決するよ」と言っても信じてもらえないだろう。不謹慎だが「コロナ、バンザイ!」と感じてしまうこともままある。世界を変えたのは政治でも技術でもなく、疫病だったのだ。

最近はみんな飽きてきて、アフターコロナとかニューノーマルとか新しい生活様式とか言われるが、私達は未来を経験したのだから、良いところは継続して行きたいと思う。社会課題を抱えたままの世界には戻りたくない。

で、何が言いたいかといえば、なんで今月から出社しなきゃいけないんだろう(泣)

DX推進はダム戦争と同じ

 日本学術会議で推薦した6人が任命されなかったとのことで物議を醸している。

 ブログで政治を語るとロクなことにならないので、この件自体への考えは述べない。というか、学術会議うんたらとか僕が関与できる領域ではないので、誰が任命されようがされまいが知ったことではなく関心がないのが正直なところ。

 ただ、このニュースで印象的なのは「前例主義」だ。政権の思惑とかは置いておいて、推薦したら任命するという前例があり、その前例を崩すだけでもニュースになる。

 一方で、DX(デジタル・トランスフォーメーション)を進めるという話もある。世界に比べ日本のデジタル化は遅れているので、さっさとデジタル化を成し遂げて、諸外国に追いつこうという。DXだとかデジタル化の推進自体には右派左派関係なく「そうだよねー、やらなきゃねー」という感じだろうか。

 ただなぁ、経験上、この前例主義とDXは非常に相性が悪い。というか水と油、右翼と左翼、嫁と姑。DX というと「単に便利になるもの」と解釈している人も多いが、そんなに生易しいものではない。DX = デジタル技術を活用して、顧客ベースで価値を最大化する仕組みをゼロから作ろうぜ、というものなので、DXを推進するときには「血」を見ることになる。

 ハンコ屋が潰れる程度の話であればいい。

 だが実際には、DXを推進することは、ダム戦争だの成田闘争だのといったものと同義だ。最大多数の最大幸福のためダムを作るからお前ら出てけ、空港を作るからお前ら出てけという論理。その論理を国家だったり企業だったりが全方位的に展開するのがのDXの本質となる。

 DXがいう「顧客ベースで価値を最大化」するとどうなるだろうか。通信技術の発展で人類は場所に縛られることがなくなった。さらにコロナにより対面での交流が避けられるようになった。

 そのとき、たとえば○○銀行新宿支店のような場所に属する支店は不要になり、支店長ポストはなくなる。たとえば学区に縛られた小中学校も不要になり、大多数の教員も不要になる。さらにいえば、一次産業はロボットがやり、小売・飲食はUber Eats化し、交通・物流・インフラは自動運転化し、絵画や音楽などのエンタメは人工知能が創作する。支店長も教員も農家もシェフもパイロットもアーティストも顧客価値最大化に対する一障害でしかない。

 日本学術会議がなんたらとか、ハンコがなんたらなんて言っている状況ではない。前例はなくなる。国家でも企業でもダム戦争が起こり大量の「血」が流れていく。「血」は嫌だからDXなんてやらなければいいとは言っても、すでに世界はグローバル競争になっているから、ダムを作らなければ国家も企業もそして個人も衰退し、座して死を待つだけだ。

 これを恐ろしい世界だと思うか、楽しい世界だと思うかは人次第だろう。自覚・無自覚を含めて既得権益がガラガラポンされる戦争のようなものだ。そんな想いをもちつつも、今日もDXを推進する日々を過ごしていく。

おわり。

自己アピールにはSTARフレーム

 さて、この時期になると上期評価のための作文をすることになる。専門的な言い方をすればMBO(Management By Objective)とかいうやつだ。この作文ができないと、芳しくない評価となりお給料が少なくなってしまう。僕自身はこれ以上、出世したくないなぁ、、とは思いつつも、あまりに低い評価だとイライラしてしまうので、給与評価用の作文はちゃんと書くようにしている。

 このMBO作文だけど、なかなかに難しい。

 評価を気にして「オレすげー」だけを書き連ねると、技術系イベントでよくある「うちの製品はとにかくすごいぜ!他社なんか目じゃないぜ!だから買え!」を延々と聞かされるかのような作文が出回ることになる。もし僕が評価者で、そんな作文を読まされたら「うるせーバカ」と思ってドーンと評価を下げるだろう(笑)

 じゃあどうすればいいかというと、STARという便利なフレームワークがあるので共有しておこう。STARはS(Situation:状況), T(Task:課題), A(Action:行動), R(Result:結果)の頭文字をとったもので、要はこのSTARの順番で話すといいよ、というものだ。これを使うと「オレすげー」感を薄めつつもきちんと自己アピールができる。

 具体的にみてみよう。

  • オレが一人で頑張って、完璧な設計をしたぜ!
  • なんとプロトタイプも作ったぜ!だから給料もっとよこせ!

と言いたいが、評価者からするとこんな作文が羅列していても苦痛なだけだ。そこで、同じことをSTARで整理してみる。

  • S 状況: A社様のDX戦略を実現する重要案件に参画するなか、
  • T 課題: 技術先行設計で、必ずしもお客様要望にミートできていないことが課題だった。
  • A 行動: そこで過去の経験を活かしプロトタイプを作成し協議をすすめる形式をとった。
  • R 結果: 結果、お客様自身も見えていなかった要望を含めつつ見積以内で完遂。プロジェクトを成功に導くとともに、A社様の信頼を勝ち取りさらなる案件引き合いにもつなげた。

 どうだろうか。ちょっとは「オレすげー」感が薄れたのではないだろうか。コツは最後のR(結果)を盛ること。塩梅としては、自分の職務の2ランク上くらいの視点で結果を出した・貢献したという言い方をすると「刺さる」のではないかとおもう。客の要望に合わせることの良し悪しは別にして。

 このフレームはシンプルだが強力。実際、このフレームで作文しだしてからは、大した仕事をしてないにも関わらず、悪くない評価が続いている。上司と反りが合わなくても標準以下の評価になったこともない。

 STARは業務評価用の作文以外にも、転職時の面接などで使えるだろう。イヤラシクない形で「オレすげー」をアピールしたいときには有効ではないかと思う。

おわり。

資産公開10/04、懐具合が気になる

 42才のリアルとして資産を公開してみる。

元本 : 5,362,455円
資産 : 5,876,221円 (先週差分 +599,806)

口座銘柄評価額評価損益
特定口座eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)1,703,468円+213,984円
特定口座iFreeレバレッジ NASDAQ1003,065,591円+215,592円
つみたてNISAeMAXIS Slim 先進国株式インデックス625,236円+60,836円
つみたてNISAeMAXIS Slim 新興国株式インデックス481,926円+23,354円

 金額的にどうなんだろ。あるのかないのか。上記以外に現金と勤めている会社の持株会の株式があって、実際の合計は1,000万円程度になる。

 下世話な話、他人の懐具合は気になるものだ。僕は人よりお金を持っているのだろうか、同世代と比べてどうだろうか、老後資金で2,000万円とかニュースになったけど大丈夫だろうか。

 でちょっと調べてみる。金融広報中央委員会が令和元年に行った 『家計と金融行動に関する世論調査』によると、40代の金融資産保有額は以下だそうな。

平均値中央値
独身564万円50万円
既婚694万円365万円

 このブログを見るような方に平均値と中央値の違いを説明する必要はないので省略するが、独身の中央値が50万円ってのはものすごい数字だ。50万円とか月給じゃん。一ヶ月生きていけないじゃん。

 僕自身、お金に関してはたくさんの失敗をしてきた。宵越しの金を持たないと言い張ったり、FXでブイブイ言わせたり、サブプライム・リーマンショックが直撃しゼロになったり、諸事情で引っ越しを繰り返したりして、まじめに資産形成を意識しだしたのは40歳くらいから。このあたりを一気に語るのはしんどいのでチマチマと失敗から学んだことでも文章化しておこうと思う。

おわり。

運動に判断はいらない

今週のお題「運動不足」

 運動してますよ。

 もともと陰キャ&出不精なので、テレワークになって家から全く出ない日々を過ごしていた。それはいいのだが、そんな状況だと、たまに近所のスーパーに行っただけで息切れするようになってしまった。。。ある意味入院患者みたいな感じだ。

 とはいえ、家から出るのも面倒くさい、もとい、コロナが怖いので、家でできる運動としてNintendo SwitchのFit Boxingをやっている。リングフィットアドベンチャーも持っているけど、個人的にはFit Boxingがお気に入りだ。

 Fit Boxingはやることが少ないので続けやすい。はじめるときもコントローラを手にとって数回ボタンを押すだけ。「今日はどの種目をやろうか」とかを勝手に決めてもらえるので、「判断」することが少なくて脳がラクだ。一方、リングフィットアドベンチャーはゲーム性が強く「判断」が多い。それはそれで魅力かもしれないが、脳みそが疲れている中では、弁当にタンポポを乗せるかのごとく無心にやるのが僕には合っていた。ただでさえ運動しようという意志力を使っているのだし。

 結果はどうだろ。ズボラな僕が30日以上継続できて、ちょっと体重も減ったかな。

体重公開10/03、健診までにやせる

 最近がんばっていることとして「ダイエット」がある。がんばっているというと少し語弊があるか。「太る努力」を辞めることに執着している。ガチに筋トレしてブロッコリーとサラダチキンしか食べないとかではなく、無理やりお腹を満たすとかを辞めているレベルの話。毎日お酒も飲んでるし。

 ダイエットは外向けに進捗状況を宣言すると成功するとか言われるので、体重記録でも載せてみよう。

 今週の体重 : 173cm 87.3kg (先週差分 -1.35kg トータル -3.95kg)

 まあ要はデブな訳だ。デブ乙。

 ダイエットを語る上で、過去の体重遍歴でも振り返ってみる。

  • 20才 58kg。細マッチョ。
  • 25才 75kg。仕事帰り毎日飲み会でデブになる。
  • 30才 85kg。社畜生活でストレス食い。豚になる。
  • 35才 96kg。食べること以外の楽しみがなくなる。
  • 40才 65kg。モテようと思ってダイエット。
  • 42才 90kg。テレワーク&仕事ストレス。豚に戻る。

 一時期、30kg以上のダイエットに成功したが完全にリバウンド。リバウンドした理由は幾つかあるが、モテのモチベーションがなくなったこと、テレワークで外見を気にする機会が減ったこと、まったく運動したなったこと、そして上司が替わり女性上司になってストレスが激増したことあたりだろう。

 年末くらいに健康診断があるようなので、それまでに10kgくらい落とせればいいな、と思っている。

ブログ始め

 いろいろな本を読むにアウトプットが大事だという。思えば、最近はインプットばかりでアウトプットを全然していなかったし、テレワークで暇になったので、ここはひとつブログをはじめてみることにする。

 そういえばむかしブログを書いていたことがある。そのとき思ったのは、毎日文章を推敲していく中で、自分の考えとか状況とかを客観視することができる機会なんだということ。これは意外な発見で「ブログって有益なんだな」と感じていた。資格試験とかで忙しくなってしまい、なんともなしに辞めてしまったのだが。

 そのときの反省がある。有益な反面、かったるい。「誰かの役に立つことを発信しなきゃ!」と意気込んでしまっていた。それが変にプレッシャーになってしまい、文章をかくのが億劫になってしまった。

 ブログの書き方的なサイトでは、

  • 独りよがりではなく、読者に寄り添って共感を得るようにすること
  • 深い話ではなく、初心者が新たに歩みだすためのコンテンツとすること
  • 長文ではなく、適切に見出しをつけて見出し単位でPREP法で書くこと
  • 文脈で改行するのではなく、「。」で改行すること
  • である調ではなく、ですます調で書くこと

などと言われる。

 いや、言っていることは分かるけど、かったるいじゃん。

 そんなわけで、アウトプットは有効だけれどかったるいと続かないので、とりあえず独りよがりで思ったことを淡々と記載していく場としてはじめてみたいと思う。途中で変えるかもしれないけど、それはそれで。