ブログ始め

 いろいろな本を読むにアウトプットが大事だという。思えば、最近はインプットばかりでアウトプットを全然していなかったし、テレワークで暇になったので、ここはひとつブログをはじめてみることにする。

 そういえばむかしブログを書いていたことがある。そのとき思ったのは、毎日文章を推敲していく中で、自分の考えとか状況とかを客観視することができる機会なんだということ。これは意外な発見で「ブログって有益なんだな」と感じていた。資格試験とかで忙しくなってしまい、なんともなしに辞めてしまったのだが。

 そのときの反省がある。有益な反面、かったるい。「誰かの役に立つことを発信しなきゃ!」と意気込んでしまっていた。それが変にプレッシャーになってしまい、文章をかくのが億劫になってしまった。

 ブログの書き方的なサイトでは、

  • 独りよがりではなく、読者に寄り添って共感を得るようにすること
  • 深い話ではなく、初心者が新たに歩みだすためのコンテンツとすること
  • 長文ではなく、適切に見出しをつけて見出し単位でPREP法で書くこと
  • 文脈で改行するのではなく、「。」で改行すること
  • である調ではなく、ですます調で書くこと

などと言われる。

 いや、言っていることは分かるけど、かったるいじゃん。

 そんなわけで、アウトプットは有効だけれどかったるいと続かないので、とりあえず独りよがりで思ったことを淡々と記載していく場としてはじめてみたいと思う。途中で変えるかもしれないけど、それはそれで。